〒020-0022 
  盛岡市大通3丁目8-1
  TEL 019-653-5758
  FAX 019-653-5759

もりおかしりつ さくらぎしょうがっこう  
ホーム   さくら日記  いただきます 行事予定
   いただきます 7月
2019年7月17日(水)
食パン・ジャム&マーガリン・牛乳・ハーブチキン・ラタトゥイユ・わかめのコンソメスープ
ラタトゥイユは、フランス料理です。夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒め、トマトを加えて、香草やワインなどを入れて煮込んで作ります。
フランス語で「トゥイユ」は、「混ぜる」という意味があり、そのとおりかき混ぜながら炒め煮する料理です。ズッキーニやなす、パプリカ、トマトのほか、にんじん、たまねぎ、セロリーを入れて作りました。夏野菜を食べて、夏を元気に過ごしましょう。
2019年7月16日(火)
チャーハン・牛乳・ゴーヤチャンプルー・もずくスープ・フローズンヨーグルト
ゴーヤは、たくさん太陽を浴びて育ち、ビタミンCが豊富です。夏は、暑さでストレスを感じたり、睡眠不足になったりするので、ビタミンCが消費されてしまいます。また、汗で失う量も増えますので、食事でビタミンCをとって夏バテを予防しましょう。
ゴーヤには独特な苦みがありますが、その苦み成分「モモルデシン」には、胃腸を健康に保つ働きがあると言われています。料理する時には、スライスしてから塩もみするか、熱湯でさっと下茹ですると苦みを減らせます。
「良薬口に苦し」という言葉がありますが、ゴーヤはまさにそれに当てはまりますね。
2019年7月12日(金)
麦ごはん・牛乳・しそ餃子・マーボーなす・モロヘイヤ入り豆腐スープ・はちみつレモンゼリー
12日は、語呂合わせで「豆腐の日給食」です。
今月は、モロヘイヤスープに県産大豆を使用した豆腐を入れました。
モロヘイヤは、エジプト原産の野菜です。古代エジプトの王様が不治の病で苦しんでいたときにモロヘイヤを食べて治ったという伝説から、エジプトでは「野菜の王様」と呼ばれているそうです。
夏が旬で、栄養価が高く、ビタミン・ミネラル・食物繊維がたっぷり含まれます。茹でて刻むと独特のぬめりがでてきます。このぬめり成分はムチンといい、消化管の粘膜を健康に保つ作用があると言われています。
2019年7月11日(木)
カリカリ梅ごはん・牛乳・鮭のチーズフライ・小松菜のそぼろ炒め・まつものみそ汁
今日は、カリカリ梅を混ぜ込んだご飯です。
梅の酸味成分でもあるクエン酸は、栄養素をエネルギーにかえる働きをスムーズにしてくれます。これによって疲労回復効果があると言われています。
また、唾液の分泌を促して食欲が湧いたり、消化酵素の分泌を高めて消化吸収を助けてくれます。
2019年7月4日(木)
ちらし寿司(星型のり)・牛乳・錦糸五目蒸し・きんぴら炒め・そうめん汁・七夕ゼリー
3日早いですが、七夕給食です。
七夕にそうめんを食べるようになった由来は、諸説あります。
平安時代の宮内の七夕の儀式に、そうめんの原型とされる「索餅(さくへい)」が欠かせませんでした。
索餅は、中国から伝わった麺料理で、小麦粉と米粉を水で練り、塩を加えて縄状にしたもの。「7月7日に索餅を供えると無病息災によい」という言い伝えがあり、それが日本に伝わったのが始まりだそうです。
このほか、そうめんを天の川に見立てたり、糸に見立てて「はたおり」が上手になるように願いを込めたりなどがあります。
2019年7月2日(火)
わかめごはん・牛乳・鶏肉のみそ焼き・切り干し大根の煮物・せんべい汁・冷凍みかん
今日は、給食試食会です。新入生・転入生の保護者対象に行い、50名ご参加いただきました。
せんべい汁は、青森県八戸地方を中心に、青森県南から岩手県北の地域で、およそ200年以上前から食べられている郷土料理です。
給食で使っているせんべい汁用の「かやきせんべい」は、県産南部小麦から作られています。汁用に開発されたせんべいは、煮込んでも溶けにくくモチモチした食感です。
2019年7月1日(月)
麦ごはん・牛乳・トンカツ・夏野菜カレー・フルーツヨーグルト
明日の陸上記録会に出場する5・6年生を応援したメニューです。
勝負に勝つということで「トンカツ」です。
カレーには、5種類の夏野菜「トマト、かぼちゃ、ピーマン、ズッキーニ、なす」に加え、たまねぎと人参が入っています。
夏野菜には、水分やミネラル、ビタミンがたっぷり含まれています。そして体の余分な熱を冷まし、体温を調整する働きがあります。
旬のものを食べるということは、美味しいだけでなく、その季節を元気に過ごすことにも役立っています。