〒020-0022 
  盛岡市大通3丁目8-1
  TEL 019-653-5758
  FAX 019-653-5759

もりおかしりつ さくらぎしょうがっこう  
ホーム   さくら日記  いただきます 行事予定
   いただきます 6月
2020年6月25日(木)
麦ごはん・牛乳・ぶりの照り焼き・もやし炒め・けんちん汁
けんちん汁は、神奈川県の郷土料理で、建長寺で生まれた精進料理です。
だいこんやにんじん、ごぼう、さといも、こんにゃく、とうふをごま油で炒め、しょうゆで味付けをした汁物です。建長寺のお坊さんが作っていたため、「建長寺汁」がなまって「けんちん汁」になったといわれています。
けんちん汁には、野菜がたくさん入っています。野菜には体の調子をととのえるビタミンやミネラル、おなかの調子をととのえる食物繊維がたくさん含まれています。それぞれの野菜によって栄養が異なるので、いろいろな野菜を食べるようにしましょう。
2020年6月24日(水)
背割りコッペパン・牛乳・白身魚フライ・コーン炒め・大豆いりコンソメスープ
毎月4がつく日は、カミカミ給食です。かみごたえのある食品やカルシウムの多い食品を取り入れたメニューです。
スープにはかみごたえのある大豆やごぼうが入っています。大豆は、カルシウムが多い食品でもあります。
切り込みのあるコッペパンには、白身魚フライとタルタルソースをはさんでいただきました。。
2020年6月22日(月)
ひじきごはん・牛乳・すきやき風煮・じゃがいものみそ汁・プリン
ひじきは海藻の仲間です。波のあらい海岸近くの岩場の波打ち際に生息しています。春から初夏にかけてが旬で、おいしくなります。
そのままでは渋みがあるため、煮る、蒸す、乾燥させるなど、加工することで食べやすくなります。
ひじきは、「芽ひじき」と「長ひじき」があります。「芽ひじき」は、春先に茎から伸びる枝葉の部分で、食感もやわらかく和え物に使われたり、他の食材と絡みやすいのでひじきごはんなどにも使われたりします。「長ひじき」は、茎の部分で、歯ごたえがあり、煮物に向いています。
ひじきは、骨や歯を強くするカルシウムやおなかの調子をととのえる食物繊維が豊富に含まれています。
2020年6月19日(金)
麦ごはん・牛乳・鮭のみそマヨネーズ焼き・五目豆・ひっつみ汁
6月は食育月間、毎月19日は食育の日です。
岩手県の郷土料理「ひっつみ汁」を取り入れました。桜城小学校の子どもたちにも人気のメニューです。
2020年6月17日(水)
ココアパン・牛乳・ハムカツ・ジェノバソテー・ポトフ・バナナ
ジェノバは、イタリア北西部の港町です。ジェノバの料理で有名なのは「ジェノベーゼ」です、バジルや松の実をペーストにした鮮やかなソースが特徴のパスタで、日本でもよく知られています。
この日は、ジェノバソースを使った野菜ソテーです。
2020年6月15日(月)
麦ごはん・牛乳・さばのみそ煮・じゃがいものきんぴら・板麩のみそ汁・青うめゼリー
春の収穫して貯蔵せずに出荷されるのが「新じゃが」とよばれ、この時期に出回ります。新じゃがは、皮がうすくて、水分が多くて柔らかく、とてもおいしいです。
熱に弱いビタミンCですが、じゃがいもに含まれるビタミンCはデンプンに包まれているため、熱を加えても壊れにくい特徴があります。
青うめは、今が旬です。生産量は、和歌山県が全国の生産量の7割近くを占めています。
梅の実を熟す前に収獲するのが青うめで、熟すと黄色くなります。青うめはさわやかな酸味と風味があります。
2020年6月10日(水)
全粒粉パン・牛乳・とり肉のマーマレード焼き・ポテトソテー・ABCスープ・オレンジ
全粒粉は、小麦を丸ごと粉にしたものです。小麦粉(薄力粉)は表皮・胚芽を取り除き、胚乳とよばれる部分だけを粉にしたものです。お米で例えると、全粒粉が玄米で、小麦粉は白米です。
全粒粉は小麦粉と比べて約3倍程度の食物繊維や鉄を含んでいます。
パンは、かむ回数が減りがちですが、ようかんで食べると食べ物の味がよくわかります。
2020年6月8日(月)
麦ごはん・牛乳・いわしの梅煮・小松菜のそぼろ炒め・わかめのみそ汁・バナナ
小松菜は、江戸時代に東京の小松川付近(現在の江戸川区)で栽培されていたことからその名前がつきました。
小松菜は、カルシウムが豊富で、骨や歯を強くするのに必要なビタミンKも含まれています。
いわしには、カルシウムが豊富なうえに、カルシウムの吸収率を高めるビタミンDも含まれるので、効率よくカルシウムをとることができます。
2020年6月4日(木)
岩手かみかみちらし・牛乳・カリカリ揚げ・小松菜のみそ汁・果汁グミ
6月4日は、「むし歯予防デー」、この日から一週間が「歯の衛生週間です。
「カリカリ揚げ」はかえり煮干しと大豆、枝豆、さつまいもを油で揚げて、甘辛いたれをからめます。
よくかんで食べるには、とても良い一品で、カルシウムもたっぷりです。
ひとくち30回を目標に、よくかんで食べましょう。