〒020-0022 
  盛岡市大通3丁目8-1
  TEL 019-653-5758
  FAX 019-653-5759

もりおかしりつ さくらぎしょうがっこう  
ホーム   さくら日記  いただきます 行事予定
 
   いただきます 10月
2020年10月27日(火)
新米ごはん・牛乳・とりのから揚げ・じゃがいものきんぴら・高野豆腐のみそ汁・青りんごゼリー
干支でとりは10番目で、29日は肉の日ということで、10月29日は「岩手とり肉の日」になっています。29日は6年生が修学旅行のため、2日早いですが、今日が「岩手とり肉の日給食」です。
岩手県は、各地方でとり肉の生産が盛んに行われていて、銘柄鶏も全国的に有名です。生産量は、鹿児島県、宮城県に次いで全国3位を誇っています。
とり肉は、良質なたんぱく質を豊富に含みます。たんぱく質は、筋肉や皮膚、髪、爪、内臓など、体のあらゆる組織をつくるのに欠かせません。そのほか、病気や怪我に対する免疫力を高める抗体をつくる役割ももっています。
2020年10月23日(金)
五目ごはん・牛乳・肉じゃが・厚揚げのみそ汁・柿
柿は、中国や日本などの東アジアが原産で、ヨーロッパやアメリカには日本から伝わったそうです。品種の1000種近くあるといわれ、日本全国で収穫され、日本に古くからある品種を大きく分けると「甘柿」と「渋柿」に分けられます。そのうち、甘柿は20種足らずしかありません。
渋柿は、収穫後に「渋抜き」をします。渋抜きの方法はいくつかあり、「40℃くらいのお湯につける」「柿のヘタに焼酎などのお酒を少しつけて袋に入れて数日待つ」などあります。また、天日干しにして「干し柿」としても食べられます。
2020年10月21日(水)
もち麦パン・牛乳・オムレツ・温野菜サラダ(ドレッシング)・ビーフシチュー
岩手県産の黒毛和牛を使った「ビーフシチュー」です。
新型コロナウイルスの感染拡大による売り上げの減少や単価の低下等の影響が生じていり農畜産物について無償で提供する国の緊急経済対策の一環で実施します。
和牛は、厳格な条件のもと選ばれた牛です。和牛の中でも黒毛和牛は有名で、飼育数は和牛のうち98%を占めます。肉質がきめ細かく、赤身はほどよくしまっていてやわらかいのが特徴です。
2020年10月6日(火)
ハヤシライス・牛乳・メンチパテー・キャベツサラダ・メロンゼリー
今年度の先人ゆかり給食は、「原敬給食」です。
原敬は貴族階級の証しである「爵位」をもたない初の総理大臣で、藩閥政治が続いていた中で出自に関係なく国民に選挙で選ばれた政治家が3年という長期にわたり国政を担ったのは原内閣が初めてでした。
原敬が逓信大臣時代の昼食の領収書には、「ビフテキ」「コロッケー」「ロールビーフ」「ポークロース」「チキンライス」「メンチパテー」「ハヤシビーフ」などと書かれてあったそうです。
明治42年9月の園遊会でふるまったメニューには、「ハム」「ミートゼリー」「コールチキン」「フーカテン」「キャベツサラダ」「ロールスポンジ」「菓子」などだったそうです。
また、明治43年にはフランスからメロンの種子を取り寄せ、5つの機関で試作栽培をしており、岩手県の農業振興の一環として、ヨーロッパ系の品種のメロンを普及させようと考えていたのではないかと思われます。
これらのエピソードにちなんだ、原敬が好んで食べていたと思われるメニューです。
2020年10月2日(金)
わかめごはん・牛乳・ちくわの磯辺揚げ・野菜炒め・カレーうどん・ラムネゼリー
明日はいよいよ運動会です。人気メニューを取り入れ、応援の気持ちを込めて給食を作ります。
2020年10月1日(木)
栗ごはん・牛乳・さんまの蒲焼き・炒り鶏・きのこと里芋のみそ汁・りんご
今日は、お月見給食です。
お月見は、旧暦の8月15日に月を鑑賞しながら秋の収穫に感謝する行事で、「十五夜」「仲秋の名月」「芋名月」と呼ばれます。
お月見では、団子と一緒にすすきと萩を飾ります。団子はお米を使って秋の収穫物である里芋に似せたという説があります。また、すすきは、稲穂に似ていることから、お米の豊作を願って飾られています。萩は、神様の箸という意味があるようです。
給食のメニューにも秋の食材を取り入れていますので、秋をみつけてみましょう。
2020年1月21日(火)
わかめごはん・牛乳・とりのからあげ・五目豆・キャベツのみそ汁
 干支でとりは10番目、29日は肉の日ということで、10月29日は「岩手とり肉に日」です。
 岩手県は、各地方でとり肉の生産が盛んに行われていて、銘柄鶏も全国的に有名です。生産量は、鹿児島県、宮城県に次いで全国3位を誇っています。
 とり肉を良質なたんぱく質を豊富に含みます。たんぱく質は筋肉や皮膚、髪、爪、内臓など、体のあらゆる組織をつくるのに欠かせません。そのほかにも病気やけがに対する免疫力を高める抗体をつくる役割をもっています。