〒020-0022 
  盛岡市大通3丁目8-1
  TEL 019-653-5758
  FAX 019-653-5759

もりおかしりつ さくらぎしょうがっこう  
ホーム   さくら日記  いただきます 行事予定
 
   いただきます 10月
2018年10月31日(水)
ソフトフランスパン・牛乳・かぼちゃハンバーグ・温やさいサラダ・パンプキンスープ・ハロウィンデザート
 今日はハロウィンです。ハロウィンは、もともとはケルト民族の収穫感謝祭だったそうです。ケルト人の1年の終わりは10月31日でした。この日の夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくる日と信じられてきました。人々は霊や魔女から身を守るため、仮面をかぶり、魔よけのたき火をしました。これが「ハロウィン」の始まりで、亡き聖人たちをまつる行事が行われます。ハロウィンは死者の魂が戻ってくる日と考えられているため、人々はかぼちゃをくりぬいた中にろうそくを立てて「ジャック・オ・ランタン」を作ります。魔女やおばけに仮装した子どもたちは、「トリック オア トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と唱えて近所の家々を訪ねます。
2018年10月30日(火)
麦ごはん・牛乳・いかマヨやき・すろっぽ・さけだんご汁・バナナ
 〜日本全国味めぐり〜今日は和歌山県のメニューです。和歌山市の毛見(けみ)、布引(ぬのひき)地域はだいこん、にんじんの産地です。すろっぽは、だいこんとにんじんをせん突きというせん切りにする道具で突き、油揚げと一緒に煮た料理です。たくさんとれる野菜をむだなくおいしいく食べる方法のひとつとして、なますのようにして、たっぷり食べていたそうです。だいこんとにんじんを千六本に突いた料理なので「せんろっぽん」がなまって「すろっぽ」とよばれるようになったのかも知れません。見た目は切り干しだいこんの煮物に似ていますが、食べると細いだいこんがやわらかく、食べやすい料理です。
2018年10月29日(月)
わかめごはん・牛乳・とりのからあげ・こまつなのいためもの・わかめのみそ汁・和なしゼリー
 10月29日は「岩手とりにくの日」です。岩手県はとり肉の大産地で、たくさんの農場でおいしいとり肉がつくられています。とり肉は、アミノ酸バランスに優れたタンパク質が豊富で、低カロリーです。消化吸収もよく、アンチエイジングに効果があります。また、乾燥やウイルスの侵入を防ぐなど、皮膚や粘膜の健康を保ち、老化を防ぐビタミンAと、その働きを助けるビタミンE、骨粗しょう症予防に大切なビタミンKなど、とり肉にはビタミン類も豊富に含まれています。今日の給食では、もも肉を使ってからあげにしました。
2018年10月26日(金)
麦ごはん・牛乳・県産ねぎ入りたまごやき・すき昆布の煮物・カレーひっつみ・柿
 今日は「柿の日」です。10月26日が「柿の日」となったのには、有名な俳句がきっかけとなっていました。「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」これは、明治時代初期の俳人・正岡子規が、奈良県の法隆寺を訪れたときに書いた句です。そしてこの柿の句が書かれたのが、10月26日だったそうです。またこの時期は、様々な種類の柿が真っ赤に熟す季節でもあります。柿には免疫力を高めてくれるビタミンCが多く含まれていて、粘膜を保護してくれるビタミンA、抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。そのため、風邪予防に柿を食べるのはおすすめです。ただ、一方で柿には体を冷やす作用もあります。そのため、熱がなく、悪寒がする状態の風邪の時は逆に体を冷やしてしまうので、その場合には避けたほうが良いです。
2018年10月25日(木)
エビピラフ・牛乳・ブロッコリーソテー・ミネストローネ・ヨーグルト
 今日は「世界パスタデー」です。1995(平成7)年10月25日にイタリアで第1回世界パスタ会議が開催されたことが由来となっていて、1998年に制定された記念日だそうです。パスタの歴史はとても古く、すでに古代ローマではパスタの原型となる料理が食べられていたそうです。小麦の生産は当時から行われていたため、これを粥状に煮込んだ「プルス」というものがパスタのはじまりとなったとされています。
2018年10月23日(火)
麦ごはん・牛乳・県産さんまフライ・ひじきの炒め煮・わかめスープ・温州みかんゼリー
 脂質のはたらきを知ろう!!脂質は1gあたり約9kcalと大きなエネルギー源になります。おもなはたらきは細胞膜やホルモンの成分になったり、体温を維持したり、内臓をしょうげきから守るクッションの役割があります。おもに植物油やバター、種実類、ドレッシングなどのほか、油ののった魚などにも多く含まれています。脂質は大切な栄養素ですが、近年はとりすぎることにより、肥満や生活習慣病を引き起こすことが問題となっています。
2018年10月22日(月)
菜めし・牛乳・権座(ごんざ)・いもだんご汁・さつまいもと栗のタルト
 〜日本全国味めぐり〜今日は奈良県のメニューです。寒さが厳しい1月や2月、奈良の伝統野菜である「大和まな」と、にわとりと呼ばれるように農家の庭で飼われていたにわとりを使って菜めしにして食べられていたそうです。今日は「大和まな」の代わりに小松菜を使用して、菜めしにしました。権座という言葉はあまり聞かない言葉ですが、ごった煮という呼び名がだんだん変わり、「ごんざ」になったようです。秋祭りの時に、その土地の氏神さまと一緒に食べるという意味の「権座」のことだともいわれています。さといもやだいこんなどの野菜のごった煮は、昔からずっと食べられている郷土料理です。
2018年10月18日(木)
麦ごはん・牛乳・ピピピチーズ・フルーツヨーグルト・ポークカレー
 今日は、おやつの食べ方について考えてみたいと思います。おやつは、食事の前に食べすぎたり、時間を決めずにだらだら食べたりすると大切な3度のごはんがきちんと食べられなくなります。おやつを食べるときには、量や時間を決めて食べるようにしましょう。おにぎり(100g)と比べてみると、やきいも半分(100g)、チョコレート半分(35g)、ポテトチップス半分(30g)、スポーツドリンクペットボトル1本(500ml)、フルーツヨーグルト(200g)のエネルギー量はほとんど同じです。
2018年10月17日(水)
全粒粉パン・牛乳・三陸鮭シューマイ・やきそば・かきたまスープ・梨
 今日は、食事と健康について考えてみたいと思います。食事、運動、休養・睡眠など、生活の仕方と深いかかわりがある病気を生活習慣病といいます。糖分や脂肪分、塩分などのとり過ぎ、不規則な生活習慣や運動不足などの生活を続けていると起こりやすくなります。心臓や脳の血管の病気についてです。血液は、体のいたるところに酸素や栄養分を送っています。血液の通り道が血管です。糖分や脂肪分、塩分をとり過ぎると、血管の壁が固くなったり、血管がつまったりして血液の流れが悪くなります。これが心臓や脳の血管で起こると、心臓病や脳卒中などの病気を起こすことがあります。今一度、自分の生活習慣についてふり返ってみましょう。
2018年10月16日(火)
麦ごはん・牛乳・さけのピリ辛やき・やさいのごまいため・ばち汁・オレンジ
 〜日本全国味めぐり〜今日は兵庫県のメニューです。兵庫県播州(ばんしゅう)地方では、そうめん作りが盛んに行われ、全国的にも有名です。そうめんを作るときは、2本の管に8の字にかけて少しずつ細くのばしていきます。両端はUの字になってかわくので切り落とします。これが「ばち」です。三味線の「ばち」の形に似ていることからこの名前がついたといわれます。今日の給食では、「ばち」は手に入らなかったので、そうめんを使用してばち汁風の汁物にしました。
2018年10月15日(月)
麦ごはん・牛乳・きのこ入りたまごやき・きんぴらごぼう・とん汁・りんご
 今日は「きのこの日」です。きのこは太古から食用とされてきたと考えられています。きのこは菌類で、その数は数万種類もあり、日本には4000〜5000種あるともいわれています。私たちが身近に食べているものは、しいたけ・しめじ・まいたけ・えのきたけなどで、現在そのほとんどが人工的につくられています。日本ではしいたけの栽培が一番多くなっていますが、世界で一番生産量が多いのはマッシュルームです。きのこには豊富な食物せんいのほか、うまみ成分や香り成分が含まれています。干すとこれらの成分が増すため、干しいたけはだしとしても料理に欠かせません。この干しいたけは中国でシャンクーと呼ばれ、古くから不老長寿の薬として用いられています。血中のコレステロール値を低下させる成分が含まれており、生活習慣病予防にも効果があります。
2018年10月12日(金)
麦ごはん・牛乳・なすはるまき・いりどうふ・さつま汁・りんごゼリー
 毎月12日は「とうふの日」です。盛岡には豆腐を作るために必要な「おいしい水とおいしい大豆」があります。今日は「いりどうふ」にたくさん豆腐を使いました。
 ≪旬の秋、見ぃつけたっ≫〜さつまいも〜いもほりの季節です。さつまいもには食物せんいが多く含まれていて、便秘の予防に役立ちます。また、でんぷんなどの糖質が多く、甘みがありおいしく食べられます。家庭でも、ふかしいもや天ぷら、みそ汁、お菓子など、さつまいもを使ってさまざまな料理を作ってみてはいかがでしょうか。
2018年10月11日(木)
麦ごはん・牛乳・肉だんご・キャベツのみそ炒め・ワンタンスープ・梨
 ≪旬の秋、見ぃつけたっ≫〜梨〜日本の梨には「赤梨」と「青梨」があります。赤梨は「豊水」や「幸水」など、皮が茶色いもので、青梨は「二十世紀」のような、皮が緑色の梨です。赤梨は成熟すると皮にザラザラの斑点が目立ちますが、これは水分を果実に閉じ込めておくための役割をしています。梨は水分と食物せんいが比較的多く、便をやわらかくする「ソルビトール」を含んでいるので便秘予防に効果があります。また、カリウムは高血圧予防に効果があり、梨に含まれるアミノ酸の一種の「アスパラギン酸」は利尿作用に有効です。東洋医学では梨のしぼり汁が咳止めに効果があるといわれています。
2018年10月9日(火)
麦ごはん・牛乳・さけの塩やき・ほうれん草いため・せんべい汁・ブルーベリーゼリー
 明日、10月10日は目の愛護デーです。目によいと言われている食べ物は、ほうれん草やにんじん、かぼちゃなど、色のこい野菜や、うなぎなどがあります。目が疲れないようにするための食べ物は、ぶた肉、にんにく、えだまめ、そばなどがあります。また、ブルーベリーやぶどう、むらさきいもなどに多く含まれているむらさき色の色素(アントシアニン)も目によいと言われています。どれか一つということではなく、いろいろな食べ物が目の健康に役立っています。動物の中で視力が一番良いのは、空を飛んでいる鳥だといわれています。その中でもワシやタカは人間の視力の約8倍もあるそうです。
2018年10月5日(金)
麦ごはん・牛乳・いわしのレモン煮・じゃがいものきんぴら・けんちん汁・オレンジゼリー
 「1(い)0(わ)4(し)」のごろ合わせから、10月4日はいわしの日でした。いわしは「食べてよし、健康(身体)によし、薬にもよし」といわれ、生活習慣病予防の最強の味方です。いわしにはミネラルが多く含まれます。特に多く含まれるのがカルシウムで、「泳ぐカルシウム」といわれるほどです。また、カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDもたくさん含まれています。今日の給食では、レモン風味の煮つけでいただきました。
2018年10月4日(木)
岩手かみかみちらし・牛乳・切干だいこんと茎わかめの煮物・ひっつみ・りんご
 4のつく日は「かみかみデー」です。給食を取りに来た給食当番のみなさんも、「今日はかみかみデーだ。」と言って教室まで給食を運びました。給食時間には、6年1組の学級で食育の指導に入らせていただきました。岩手県の郷土料理(ひっつみ)や特産品のこと、よくかんで食べることについて指導させていただきました。日頃からよく食べる学級ではありますが、指導が終わるころにはほとんどの子の食器が空っぽになっており、びっくりさせられました。
2018年10月3日(水)
ミルクパン・牛乳・白金豚カレーギョーザ・きのこいため・はるさめスープ・とろける豆乳プリン
 今月の目標は、「後片付けをきちんとしよう」です。給食室では、毎日給食委員会のみなさんが日常活動として給食の後片付けのお手伝いをしてくれています。おぼん・食器係、ごはん(パン)・汁物係、おかず(主菜・副菜)係、牛乳係と、4人で分担をして活動しています。人数は少ないのですが、今年メンバーになった子や5年生のメンバーも、すっかり仕事を覚えて活動してくれています。給食室でも大変助かっています。このように、見えないところで活動してくれているみなさんのおかげでスムーズに後片付けが行なえること、感謝したいですね。
2018年10月2日(火)
秋味ごはん・牛乳・にびたし・野菜のごま汁・ぶどうゼリー
 ≪秋の旬、見ぃつけたっ≫〜くり〜くりの歴史はとても古く、縄文時代の遺跡である「三内丸山遺跡(青森県:約5000年前)」からも数多くのくりが見つかっています。くりにはカリウムがたくさん入っていて、高血圧や動脈硬化といった血管の病気の予防に効果があります。また、血をつくるはたらきのある葉酸も含まれていて、貧血予防や、葉酸を多く必要とする妊婦の方にも良い食品です。食物せんいは便秘の改善に役立ちますし、ビタミンCはかぜの予防に効果があります。くりのビタミンCは熱に強く、ゆでてもこわれません。体の疲れをとってくれるビタミンB1もたくさん含まれています。くりは栄養価の高い食べ物ですが、カロリーも高いので、食べすぎには要注意です。今日は、秋味ごはんにくりがたくさん入りました。大人気で、ほとんど残食がありませんでした。